レゴのある生活 〜童心社会人の物語〜

レゴが大好きな心は子供な特別国家公務員のブログ。 オーディオやパソコンなんかも書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アルマゲマキナ広域防空システム

DSC_0645.jpg

アルマゲマキナ防空システムを作成しました!

DSC_0619.jpg

衛星通信車

DSC_0625.jpg

野外通信車

DSC_0624_201601032131134d3.jpg

レーダー車

DSC_0623.jpg

レーダー車

DSC_0627.jpg

管制車

DSC_0622.jpg
ミサイル車

DSC_0626.jpg

電源車

DSC_0646.jpg

以上がアルマゲマキナの構成車両になります。

詳しい設定は後ほどホームページに書こうと思います。

ではでは(´・ω・`)
スポンサーサイト
  1. 2016/01/03(日) 21:35:37|
  2. リアルレゴ(軍事)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ランドリーオンA3について

皆さん( ノ゚Д゚)こんにちは!
今日はランドリーオンA3について書いていこうと思います!

設定などはこちらでお願いします!

ランドリーオン主力戦車について

DSC_0527.jpg

ようやくA3にアップデートすることが出来ました!

A2からの変更点のみ書いていきたいと思います!

DSC_0535.jpg

まずはERA、爆発反応装甲です!

DSC_0529.jpg

エンジン周りも若干再設計しました!(ほぼ変化なし)

DSC_0534.jpg

そして最後はAMR製の様々な計器です!

SS社さまさまですね!

ではでは!
  1. 2015/01/17(土) 15:44:30|
  2. リアルレゴ(軍事)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミーアキャット高機動多用途装輪車両

皆さん( ノ゚Д゚)こんにちは!

今日はミーアキャット高機動多用途装輪車両を紹介したいと思います。

DSC_0536.jpg

ミーアキャット高機動多用途装輪車両は老朽化が進むキャット装甲車シリーズ(89式装甲車、96式装甲車、カチューシャキャットなど)を置き換えるために開発された装甲車です。

が、キャットシリーズの事実上の後継車はサイベリアン装甲車なので、実際は追加となります。

キャットシリーズの設計を踏襲しつつ、横幅を8幅に拡大、足回りの強化により今まででは進めなかった悪路も突破できるようになります。
DSC_0539.jpg

また、ボンネットが大きく開くため、メンテナンスが簡単になりました。

DSC_0537.jpg
AMR製の計器を搭載し、対称戦、非対称戦での生存確率を向上させました。

DSC_0540.jpg

車内は基本4人、最大6人乗れます。高度にコンピュータ、ネットワーク化されており、様々な作戦を円滑に進めることが可能です。

DSC_0538.jpg

キャットシリーズと比べ、ドアの数が増え、乗り降りがしやすくなりました。

~製作した感想~

やっとミーアキャットの新型が出来ました!

旧型のミーアキャットはなかったことにしてくださいw

強度が若干落ちてるのは内緒ですが、もう少し強度高められそうなので頑張りたいです。

AMR製の計器を取り外したモデルの輸出も可能なのでぜひけんとうください!

ではでは!
  1. 2015/01/17(土) 15:34:47|
  2. リアルレゴ(軍事)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サイベリアン装甲車

サイベリアン装甲車

2014-02-28-23-28-52_photo.jpg


サイベリアン装甲車は、AMR製ウォーホース及び国産のキャット軽装甲車の後継車両としてレゴネシア民族連邦がDAIWAグループに開発を委託した車両です。

キャット軽装甲車とウォーホースの実践で得たデータを惜しげも無く導入。

上記2車種は近年猛威を振るう地雷やIED(即製爆発装置)に対して無力でありましたが、

サイベリアン装甲車ではIED対策がなされ、作戦の幅が広がるとともに、乗員の生存率も向上しました。

2014-03-09-20-49-05_photo.jpg

↑IED攻撃されたサイベリアン装甲車。乗員が無事なのがよく分かる。

2014-02-28-23-30-52_photo.jpg

キャットシリーズでは設置されなかったが、ウォーホースのライセンスで得たノウハウを駆使し、上部ハッチの追加やテールゲートの設置、

あらゆる計器の増設などを行い、戦闘力の工場を図りました。

一部計器類はAMRのウォーウルフ高機動耐地雷装甲車を参考に国産装甲車の高性能化を行いました。

2014-02-28-23-41-53_photo.jpg

エンジンは新型のディーゼルハイブリットエンジンを搭載。音が静かになり、敵に発見される確率も低下している。



【主要諸元】
名称    サイベリアン装甲車
分類    装甲車
車体長   約16ポッチ
車体幅   約6ポッチ
車体高   約7ブロック
重量    5.8t
最高速度  93km/h
航続距離  510km
武装    13式車載7.62mm機関銃
乗員    最大4名(運転手1名+兵員3名)
輸出    可

また、キャットシリーズの後継であるため、自走式多連装ミサイル車も開発中である。
装甲車改造
  1. 2014/03/12(水) 16:08:18|
  2. リアルレゴ(軍事)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NF22 ヒタキ

みなさん( ノ゚Д゚)こんにちは

OFF会楽しかったkimronです。

今回はOFFで一応初披露のこの子、NF22ヒタキを公開しようと思います!

DSCN1985.jpg

NF22 ヒタキは連邦初の実用ステルス機です。

DSCN1991.jpg

ミサイルを全て機体の中に収納し、ステルス性を高めています。

DSCN1986.jpg

増層はステルスモード時は切り離します。

DSCN1987.jpg
ノーマルモード

DSCN1988.jpg
アフターバーナー使用時

DSCN1998.jpg

サイドにもミサイルを収納できます。

DSCN1996.jpg

腹部はこのような感じです。


DSCN1999.jpg

今回はエンジンの内部まで作りました!

~開発した感想~

今回は1機7500円かかりましたw

量産は無理ですねw

お腹周りの強度が壊滅的なのでやはりステルス機は難しいですね~

DSCN1990.jpg

後ろから見た風景が大好きですw7500円なんて気にしなくなりますねw

DSCN1992.jpg

あとはヒンジパーツの入手が大変でしたねw

黒は手入れが大変ですw

ではまた(o・・o)/
  1. 2013/12/10(火) 15:25:49|
  2. リアルレゴ(軍事)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。